飼ってるカメの紹介とライブ参戦記


by doyoo0516
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

春天09

ちッーっとも当たらない競馬 

今週も、負けじと買います。そう、買わなきゃ当たらない。

さて、展開。逃げ宣言のテイエムプリキュア。逃げなきゃしょうがないホクトスルタン。
淀の3200mはスタートしてすぐ3コーナーの下りなので、ココまでにじわっとハナに行かないとなかなか逃げ切るのは難しい。距離が距離だけに2頭でガンガン引っ張ることはないでしょうが、どっちの馬も肉を切らせて骨を断ちたい逃げ馬。スローでの上がり勝負はありえず、淀みない消耗戦ですかね。

結局スタミナなんてのは生まれ持ったものなので、血統で切ります。

春天の血統と言えば、最近ではSSというお化けを除けばリアルシャダイ、ブライアンズタイムといったロベルト系、もしくはオペラハウス、ホワイトマズルといったノーザンダンサー系。もっと絞ればサッカボーイ産駒・・・・

出走場を見てみると・・・
ロベルト系・・・15モンテクリスエス、16スクリーンヒーローあたり
ND系・・・・2マイネルキッツ、7ポップロック、17アサクサキングスあたり

この辺が臭い・・・上5頭は買います。
中でも2マイネルキッツは京都の長丁場しか走らないチーフベアハート産駒にして母父サッカーボーイと、マッキーマックス並みにシビレル血統。ワイドの軸にでもして流そう・・・


問題はそのサッカーボーイと近い血統のステイゴールド。1サンライズマックスも12ドリームジャーニーも母父は長い距離が向いておかしくないですね。
この辺は押さえときます。

ジャングルポケットの子は自身がそうであったようにスタミナで勝負するタイプではないので明日はいらないはず。オウケンブルースリの菊花賞は世代としてディープスカイ以外は弱いから勝っちゃっただけと今でも思ってますが・・・
他にもホクトスルタンという非常に味のある馬がいますが、テイエムプリキュアが邪魔。そして乗り代わりがマイナス・・・なので今回は見送り。


もうひとつ、別の側面から予想すると、、、、

最近同じような消耗戦のG1と言えば有馬記念です。
ダイワスカーレットの刻む淀みないラップの地力勝負で最先着は12ドリームジャーニー(4着)、そして5着はスクリーンヒーロー、6着アルナスライン・・・アサクサは14着。

このとき2着したのが、スタミナばっちりアドマイヤモナーク・・・鞍上は川田。

ってとこから考えると、15モンテクリスエスと7ポップロック(川田)は外せませんな。



長々と書きましたが結論。


2マイネルキッツからワイド流し・・・・(弱気

7ポップロック、12ドリームジャーニー、15モンテクリスエス、16スクリーンヒーロー、17アサクサキングス
4アルナスラインは父からはとても向いてるとは思えませんが、母父エルグランセニョール(ND系)の底力ですかね・・お、おさえておこうかな(弱気・・ デルタブルースも・・・・


結果~

当たっちゃった~   ワイドだけど・・・

2マイネルキッツが勝ちました!!(12番人気)
2着に抑えたアルナスライン(良かった・・・抑えといて)
3着にドリームジャーニーでした。

12番人気を本命にして当たるって、相当気持ち良いです。。。
[PR]
by doyoo0516 | 2009-05-02 22:34 | 競馬 | Comments(0)