飼ってるカメの紹介とライブ参戦記


by doyoo0516
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2007年 12月 01日 ( 1 )

犯人確保

事件は昨日発生しました。
いつものように、出勤前、各水槽にエサをやりにいくと、スジクビ♂の姿がありません!

スジクビヒメニオイガメ♂・・・彼は今シーズンの種付けの仕事を終え、おとといから30cm水槽での単独飼育に移行したばかりです。このときボクは、まあ、ベアタンクにそのまま入れるのも可愛そうなんで、一個あまってたタートルドックのSをシェルター変わりに入れてあげました。陸に上がれと言うよりその下がシェルター代わりになってよいかなと思ったわけです。
が、これがいけなかった・・・・。

現場検証の結果、どうもタートルドックのあの固定棒を足掛かりに水槽の角をよじ登ったようです。水深は5cmほど。水槽の1/4程度であり、これを利用して登ったと考える以外、脱出経路は考えられません。ガラス水槽を20cm以上はよじ登ったことのなります。その運動能力は恐るべし!!以前、コンクリートブロックの角をよじ登られたことはありましたが、まさか、ガラス水槽であのツルツルの棒を足掛かりによじ登るとは・・・完全にナメてました。

しかーし!事件発生現場は2Fの階段を上がった通路。この廊下につながる部屋の扉はどれも完全に閉じられた状態であることと、1F住人のオヤジ・オカンに聞き込みをおこなったところ、昨夜、階段を転がり落ちるような物音はなかったとの証言を得られたことから、2F廊下の隅に置かれている古着を詰めた袋内が潜伏場所としては非常にあやしい・・・
めぼしい潜伏場所を特定した上で、出勤時間も迫ってきたので、いったん捜査を打ち切り、仕事に向かいました・・・・スジクビ♂!逃げても無駄じゃ、まっとれよ!! ははははー。

夜、仕事から帰り、早速捜査再開。潜伏場所としてはココしかない、古着入袋を捜査する・・・・が、いなーい どこいったんじゃぁー!
いかん、完全に捜査は振り出しに戻った。もう一度逃走経路の可能性を整理する・・・
2Fは扉が閉まった状態であったことから、もう残る可能性は階段を降りて(落ちて)1Fに逃げたとしか考えられん。

早速1Fの捜査に取り掛かるが、2Fと違い、あっちこっちの部屋の扉が開いており、潜伏場所の捜査範囲は格段に増えてしまった・・・・
呆然としつつも、頭の中を整理し、可能性の高いところから捜すことにする。

そう、夏にツルカナハコヨコクビガメのツル太郎が逃走したときは玄関の傘たてのウラで潜伏しているのを捕獲した。今回もやはりあそこが怪しい・・・

さっそく傘たてのウラを捜すが・・いない!くっそー。下駄箱の下を這いつくばって捜すが暗くてよく見えない・・・懐中電灯をもってきてもう一度下を覗く。靴、草履をどけて、照らしてよーく見ると・・・視界の隅に小さな黒い塊を捕らえる・・・おーいた!!被疑者確保ぉー。

ホコリまるけになってましたが、洗って水槽に戻すと元気に動き出しました。
まるで水槽が牢屋のようだ・・・なんかちょっと寂しい気分になりました。
(心の中のBGは太陽にほえろのゆっくりしたほうのバージョンが流れてました・・)

しかし、彼は階段を転げ落ちたのだろうか?それに気がつかんオヤジ・オカンはなんなんだ・・・
それとも、静かに降りたのか?んなアホな。
なにはともあれ、反省しないかんですね。みなさんも気をつけてください。

PS.ヤットカメの盗難事件の犯人も捕まったみたいですね。ヤレヤレ。
   
[PR]
by doyoo0516 | 2007-12-01 00:19 | Comments(2)