飼ってるカメの紹介とライブ参戦記


by doyoo0516
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

外飼い

※写真追加しました
暑い日がつづきますね。
暑くてビールが美味しいのはいいんですが、体が夏仕様に変わりつつある感じで、ちとシンドイっす。
今年はカラ梅雨なんですかね??明日からは雨予報なんでふるのかな?
こんな感じだと夏場の水不足が心配ですねー。

まぁ、暑くなってきたからというか、もう先月からアメイロヌマガメはみーんな外飼いにしてます。

こんな感じでタライですわ。
e0119439_23124795.jpg

イシガメと同居です。

蓋から針金で陸を吊り下げ。蓋と陸が一体式です。(写真追加)
e0119439_22511661.jpg



そーそー、イシガメの写真を撮り忘れたのでクサガメを。
曲頚類ばっかしのような我が家にもクサガメはおります。

赤いめす。大きくならない赤いタイプ。背中の一本黒ラインがチャームポイント。
e0119439_23174298.jpg


オスは真っ黒。片目です。
e0119439_23181366.jpg

この♂、メッチャ噛む暴れん坊です。なので1匹飼い。メスをボロボロにしちゃうので同居が出来ません・・・
困ったもんです。


あ、話を戻してアメイロヌマガメ。

オスの目が赤ーくなってきました。
e0119439_2320389.jpg


メスは変わらず・・・黒いっす。
e0119439_23214416.jpg


ぜんぜん、飴色じゃないです・・・・ま、ま、いいか(汗
[PR]
by doyoo0516 | 2009-06-28 23:26 | ヨーロッパヌマガメ | Comments(4)

2009宝塚記念

春のグランプリ、宝塚記念。

人気はディープスカイ、ドリームジャーニー、アルナスライン、サクラメガワンダー、って感じでしょうか?

ボクは11ディープスカイと9ドリームジャーニーの1点で勝負です。
4月の大阪杯の再現ですよ。

ディープスカイという馬は東京のウォッカ以外は負けてはダメな馬。
今の前残りの馬場でもそこそこの位置に付けれる足もある。
ココは最初ッから狙ってたレースなので、先ず外さないです。

相手は9ドリームジャーニーでいいですな。
この馬は何回も書きますが、いい足一瞬。中山や阪神内回りは必ず来ます!!!
内回りで狙わなくってどうする??頭まであるかも。

そもそもこの馬、長くいい足を使わなくてはいけない京都や東京は苦手です。
その馬が前走京都で3着に!!

絶好調の調教とあわせ、ココしかないでしょ。


サクラメガワンダーは、写真見ましたが、目の下黒くなってませんか??お父さんのグラスワンダーと同様に暑いのダメなんじゃないですかね??

アルナスライン・・・つかみどころのない馬。好走の条件が不明(3着あたりでおさえますか)


穴は内枠の先行馬&逃げ馬でしょうね。何が行くのかな??
2インティライミなんてどですかね?


結果

9:ドリームジャーニーが勝ちました!
でも2着にサクラメガワンダー、3着にディープスカイ・・・

ディープスカイ、出気落ちですか?
あの3,4コーナーの手ごたえでよく3着まできたとは思う。

しかしねぇ・・・痛いですわ。
マジでこんな馬券で勝負してたんで・・・・・
e0119439_21494350.jpg


池添は良い騎乗でした。
ほんとドリームジャーニーはデキも良かったし、内回りはあう。

中山競馬場の有馬記念で狙いましょう!

アルナスラインは直線前が詰まって最後50mは流しちゃったなぁ・・・上手くさばいてたら2,3着はあったかも知れませんね。
[PR]
by doyoo0516 | 2009-06-28 00:51 | 競馬 | Comments(2)

ワニガメ捕獲

名古屋かいわいで昨日からニュースで流れてるワニガメ捕獲のはなし


男性3人がかりで捕まえたと・・・・そのうちの一人が私であります。

今回は、先日も紹介した名古屋のため池調査事業の一環での捕獲作戦でした。

昨年、ワニガメがいるとの情報が名古屋城のお堀の調査の際に近隣住民から入り、2匹居るのを確認してました。近所の人の話では、4年ほど前からいるそうで、写真等の詳細な記録も残してくれてました。



で、先週の金曜日の夜、Nさんから明日捕りに行きますが、行きませんか?とお誘いが。

翌土曜日、行ってみたら地元のTV局も取材にきてまして、えらいこっちゃな・・と。
結局Nさん、ボク、中学生の3人・・・え、3人??で捕獲作業にはいります。 

僕が行ったときにはすでにNさんと中学生で罠をセットしてまして、川に下ろすところでした。
ボクは対岸に回り、わなを降ろしてるのを見てたら・・・・・

いたっ!

岸下のガレ場におりたNさんの足元のチョイ先にデッカイのがゆっくり動いてます!!!!

急いでNさんに知らせる・・・いる!いるよ!! ちょい先!!

すると、視界の隅にワニガメの姿を捉えたNさん、川のなかにダイブっ!!
尻尾をがっちりつかんどるぞー!!

あわてて対岸に戻り下まで降りる僕。下で中学生が罠のアミを切って捕獲用の檻を急いで作ってます。
そこにボクが合流して急いで檻を作って、必死でワニガメと格闘してるNさんのとこに急ぐ・・・

Nさんにそろそろ限界が見えてきたところで檻が間に合い、川にザブン。。。

頭からワニガメ檻の中に入れて川岸のガレ場に上げようとするが、暴れて檻が壊れかける・・・
なんとか檻を壊さないように岸に無事あげる!!

あがった・・・・・・・
e0119439_23403320.jpg


気がつけばTV局のレポーターさんとカメラマンも降りてきてレポートしてる・・・

ホット一息ついて、記念撮影
e0119439_23434696.jpg

NO~!!!!! Nさん!!ワニガメが写ってなーい!!!

この後、この急な護岸をロープを使って必死で上げました。


重かった・・・

e0119439_23474100.jpg


この後、名古屋市の担当部署に連絡し、愛知学泉大の矢部教授のところに運ばれていきました。
計測の結果、甲長53cm、体重37kgだそうです。

もうね、、、グッタリですよ。

物凄くアドレナリンでたんでしょうね。疲れましたわ。

なんでこんなの捨てちゃうんでしょうかね?いいカメなのに・・・もったいない。

ワニガメ君はなーんも悪くありません。が、彼が居るべき場所ではないので捕獲しました。
彼は矢部先生のところで飼育されます。
e0119439_2351456.jpg


もうね、捨てないでほんと。捕るの大変なんだから。
それに、こんなんいたら僕ら飼育者の立場が悪くなるじゃん。

実際ワニガメのヨコをすいすい泳いでるアカミミガメのほうが問題なんですけどね。
マスコミにゃ、ワニガメのほうがインパクトがあるもんなー。

まあ、ここにあげるのも、マスコミに踊らされてるようでシャクだなと・・どうしようかとも思ったのですが、
身近な環境を見つめ直すきっかけになってくれれば良いなと。

でもNさん、TV放送のDVDは下さい(笑

追記:

ワニガメ生態研究所の所長さんのところでもとりあげられました

矢部先生いわく、今年はカミツキガメやワニガメの遺棄(春日井市の病院のまえに捨ててあったなんてことも・・・)が多いそうデス。

ほんと、生態系も僕ら飼育者にとっても迷惑極まりないことです。

捨てる行為は今や犯罪ですからね!
[PR]
by doyoo0516 | 2009-06-24 00:08 | 雑記 | Comments(18)

中身違ってますからー!

最近、HLのホームページをなにげな~く見てて気がついた衝撃の事実。



・・・・・この本、オレの持ってるのと中身、違うじゃん・・・・・



えぇぇぇぇ、表紙一緒なのにぃー!!


と言うことで、あわてて昨日頼んだら、早速今日来ましたとのこと。


ナガクビガメ好きなひとは多分もってるこの本。
「keeping LONG-NECKED TURTLES」 by Darren Green


いつの間にか紙質までよくなっちゃって、カラーページが増えてます。

表紙・・・・・色味はちょっと違うが一緒。これがいかん。同じだと思うじゃん。
e0119439_231308.jpg
 
左:旧 右:新


めくった中表紙・・・・カラーになっとる!
e0119439_233297.jpg

左:旧 右:新

中身1
e0119439_2352115.jpg

左:旧 右:新

中身2
e0119439_2354812.jpg


こんぐらいにしておきます。


目次の項目は変わってませんが、構成はちょっと変わってる。

まだ、旧版しか持ってない方、改訂版が出てるの知らない方、、、、

こんなんになってますよ~。




あ、裏表紙にこんなマークが改訂版にゃついてます。
e0119439_23161219.jpg


マックウォーリーマゲクビガメですね。中身が見れなくともこのマークがあれば改訂版のはず・・・
[PR]
by doyoo0516 | 2009-06-21 23:14 | 雑記 | Comments(6)

ニシキキスイガメ

キスイガメって言葉、クリーパー見てひっさしぶりに目にしました。
ダイヤモンドバックとかって英名読みを略した言い方が一般的ですかね。

まぁ流行りに乗っかります。


先月、九レプ時にKOBUくんとこからお持ち帰りしたTSDペアのはずの2匹。
ニシキキスイガメ(Malaclemys terrapin macrospirota)オルナータです。
e0119439_093468.jpg

左がメス予定のI(アイ)ちゃんで、右がオス予定のC(シイ)君です。

Iちゃんはその名が示すように9番目のコ。C君より生まれがちょっと遅く、餌付かり具合もちと遅いので現在はそれぞれ単独飼育です。エサ食いがそろったら同居させますかな。

C君のほうが、生まれが早い分、ちょっと成長も早い。
e0119439_0142313.jpg


Iちゃんも成長線がばっちしでてきて順調です。
e0119439_0153961.jpg


この種は黒目がつぶらでかわいいもんです。



いつもオブさんに見守られ、すくすくと育つのだよ。
e0119439_019912.jpg


ちなみに、フラワーバックなる予定です・・・・
[PR]
by doyoo0516 | 2009-06-17 00:23 | その他のかめ | Comments(8)

ため池調査2009開始

土曜日はため池調査にいってきました。

朝から30名ほどが集まっての調査となりました。
e0119439_0221121.jpg

午前中はモンドリを仕掛け魚類やエビ・カニ等の甲殻類を捕獲したり、貝類を捜したりの調査です。
この池は調査を始めて3年目。
去年池干しを行って、外来種は除去しましたが、外来種はまだいます。。。

ブルーギル
e0119439_0241792.jpg

アメリカザリガニとウシガエルのおたま
e0119439_0245528.jpg


他にライギョがホバリングしてましたし、池の周りにはカメが産卵をしようとした穴がポコポコとありました。
穴は、節操のない感じでポコポコあいてましたので、アカミミガメじゃないかとのこと。。。

モンドリを回収しようと外周を歩いてる時に学生がなにやら見つけて、騒いでいたので行ってみると、

シマヘビ。
e0119439_0271561.jpg

目が赤くってかっこよかったです。

モンドリではモツゴ多数。スジエビ多数、テナガエビ1匹、と小魚やエビ類がかなり沢山採れ、池の姿としては芳しい方向に進んでいると思いました。

カメは午後から罠を仕掛けたのですが、周りで投網の練習してたり、胴長はいて魚すくってたりと、バッチャバッチャやってたので、こりゃ夕方の回収では難しいかな?・と思ってましたが、比較的静かな池岸に仕掛けた罠に入ってましたー!

e0119439_0401952.jpg


イシガメとクサガメの♂です。

すでにマーキングされてる個体でした。
なかなか新規の個体は見かけませんね。


昨日は暑くって、日向での労働はキツカッタデス。。。休憩ばっかしてました。

でも やっぱフィールドは楽しいねぇ。
[PR]
by doyoo0516 | 2009-06-15 00:46 | 雑記 | Comments(6)

悩ましい・・・

最近、またオブロンガがきちゃってますねー。
でも、うちのコが一番かわいいですな(笑

我が家の個体も飼いはじめて10ヶ月目に突入しております。
で、このオブさん、前にもあげたように、後ろ足の先が肌荒れします。
治っては荒れ、治っては荒れ・・・・ああ、悩ましい。

このカメ、ナガクビのくせに陸に上がるんですよね。
こんなかんじで・・・・
e0119439_23184563.jpg

90度横向いてる時もありますが、まぁこんな感じ。
で、イカンのがたまに足先が水に浸かってるんですよ

それでこんな感じで荒れちゃう。
e0119439_2325590.jpg

自身も痒いのか足先を器用に噛んじゃって・・・また余計に荒れる・・・悪循環ですね。
干してゲンタシンです・・・(この写真は2月撮影)
e0119439_23382883.jpg


最初は何か水質系の問題??とも思ったんですが、足先だけってのがねぇ・・・乾燥できないからかなと。
陸地がちょっと小さいかな?もうちょっと大きい陸地にしないとイカンですね。


さらに、、、最近、食いもちょっと細くなっちゃってる感じで、イカンな・・と
魚、エビ等捕まえて飲もうとしますが、吐き出しちゃう。
配合も食べない・・・・あー困ったー!!・・・・・悩ましい。

で、行きつく果ては・・・・・・・・・牛ハツですわ。
牛ハツは凄いねー。パクパク食べる。
これでちょっと体力戻してもらわないと。
牛ハツありがとう。


最後に

バスキングから水の中に戻ると、たいていこんなアクビします。
e0119439_23404786.jpg

カッチョイイ~!!

なにはともあれ、陸地大型化が急務です。
[PR]
by doyoo0516 | 2009-06-07 23:49 | ナガクビガメ | Comments(8)

安田記念2009

明日は安田記念ですねー。

このレースはG1のなかのG1というか、古馬G1の中でも紛れのない舞台で、もっとも底力の必要になる厳しいレースになり、好きなレースのひとつです。

ということで、今年もウオッカ、ディープスカイという去年のあの秋の天皇賞の1,3着馬が激突します。

このレース、上記のように底力勝負になるため、勝ち馬ってのはG1ホースか上がり調子の京王杯SC連対馬と昔から決まってますので、今年の場合は、1スズカコーズウェイ、3ウオッカ、6ディープスカイ、12トウショウカレッジ、17ローレルゲレイロ、両香港馬と7頭に絞られますね。

馬のレベル、底力と言うことで考えるとウオッカとディープスカイの両馬でしかたないですか?

3着馬を考えましょう・・・・・
京王杯SC連対の1スズカコーズウェイ、12トウショウカレッジと岩田の内枠はいいんじゃないの?の2スマイルジャック、東京新聞杯勝ちの8アブソリュートあたりかな?

パンパンの良馬場でファリダットかな??と思ってましたが、どうも馬場が・・・柔らかい。
この馬、前も書きましたが、トモが薄くって甘い・・・前足で走るんで直線平坦の方が絶対いいはず。
秋のマイルチャンピオンSで買いたい!!

ということで、明日は馬場も乾くでしょう。
2強対決を楽しみに見るレースでいいです。


結果

ウオッカ・・・この舞台じゃ多分最強クラスですな。
あの、絶体絶命の位置からの物凄い伸び・・・・
普通に走ってたらちぎってますね。
今がピークかなぁ・・・
秋天でまたこの2強は激突ですか?ディープスカイの逆転なるか?楽しみですね。
[PR]
by doyoo0516 | 2009-06-07 01:09 | 競馬 | Comments(4)