飼ってるカメの紹介とライブ参戦記


by doyoo0516
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

さぷらーいず!

一昨日、土曜日に裏庭に出てモロモロ作業してました。
そしたら、こんなんが!

e0119439_22530516.jpg


おぉぉう!
産まれとった!

まだいるかと探したら、穴あったのですが、死卵が何個か、、
e0119439_22530600.jpg



来年はちゃんとやる!(笑)

e0119439_22530794.jpg

e0119439_22530889.jpg

e0119439_22530927.jpg


父親が黒いからか、真っ黒です。
e0119439_22531055.jpg


両親。
オス、、多分WC
メス、、KOBU君とこのCB

さて、無事育って、どんなになるか?





[PR]
by doyoo0516 | 2016-10-17 22:41 | その他のかめ | Comments(4)

とんぶり御礼

とんぶり参加してきました。
事務局はじめ専門学校の生徒さん達、参加されたみなさん、ほんとにお疲れ様でした。
e0119439_00383606.jpg



そして、お買い上げいただいたり、お声かけていただいた皆さん、一緒に出た、飲んだ仲間!
ありがとうございました。


別のところにも書いたのですが、ちょいと子亀のキープで参考になればと思い、ここにも書いときます。

前にもどっかに書いたかもですが、水ガメも上からの世話、視線がストレスになります。慣らしてもらえば大丈夫なのですが、来たばかりの子ガメなんかはどうしてもビビる。
1番良いのはやはり水槽なんかで横から見る飼育方法だとは思います。これが一番慣れやすい。でもデメリットもあって、水替えが大変で水質のコントロールがしにくいなどなどの問題はあります。
沢山の子ガメをキープする必要がある私なんかはタッパ飼育で毎日水換えに追われる日々を過ごすことになるのですが(笑)、ここで気をつけるのは最初に書いたように、上からの世話、視線は子亀にとってストレスであると理解することです。それが理解できれば、浮島の陸以外の機能やそのタッパ(笑)の置き場など、おのずと決まってくると思います。ビビってまったく餌を食べない個体の立ち上げなんかも同じです。また、子ガメに限らず、WCの来たばかりの個体の立ち上げなんかもこの当たりを分かっていると対応できると思いますよ。
慣れちゃったら大丈夫なんです。
エサクレダンスが見れたらもう大丈夫です。
それまで上手く乗りきってください。
e0119439_00383702.jpg


[PR]
by doyoo0516 | 2016-10-04 00:30 | マゲクビガメ | Comments(4)